診療コラム

義歯は噛めるのです

義歯は噛めるのです

★義歯1

入れ歯のもつべき条件は、

1) 密着できる必要最小限の大きさ
2) もともとあった歯と骨を復元した、頬や舌、粘膜に適合した入れ歯の形
3) 咬み合わせの力を維持に利用できる歯の接触関係
4)綺麗な口元

です。
入れ歯の存在しえる基本の場は1)で、いつも咬み合わせているわけではないので、口が咬んでないときは2)がそして、咬みしめや、咀嚼の時には2)と3)が共同して働いてくれます。
よく機能する頬や唇は張りが出て、少し綺麗に並べた前歯と協調して4)が出来上がります。
 

要するに、目標とすべきなのは本来あるべき姿を想起して復元してさしあげることだけです。

すべての接触を維持しながら咬み込む

しかし、これがなかなか難しいのも事実ですね。
歯科医も患者さんも、ここのところではあきらめずに、是非一緒に取り組んで欲しいところです。
すくなくとも簡便な接触パターンでは、本当の意味での快適さが得られないであろうことは容易に想像していただけると思います。

要件の具備の程度によって、入れ歯の快適さはリニア(それなりに)に向上して行きます。
そのために、充分な診査が必要であり、原型を復元できる目と腕が歯科医には求められるわけです。
特に私たち補綴専門医は、この分野に、より大きな責務を感じております。

*義歯の詳細はこちら

お気軽にお問い合わせください
TEL03-3208-4489 診療時間 平日09:30-19:00
休診日:日曜・祝日・金曜
24時間ネット予約受付中